2006年06月10日

膝が痛い…!!変形性膝関節症…?

突然ですが、ここ10日間ほど、
普通の生活ができていませんexclamation

…というのは、膝を悪くしましてたらーっ(汗)


先月下旬頃、新しい職場で働き始めた私。
10日ほど前、初の公休日。
久々の忙しさに溜まっていた用事を済ませた後、
天気もいいし、明日からまた仕事だし、貴重な休日を楽しまなきゃとドライブへ。
題して、「未知の道ドライブ」♪
身近にありながらまだ通ったことのない道道83号、41号がメイン。
わずか2〜3時間のドライブでしたが、存分に楽しみ、リフレッシュしましたぴかぴか(新しい)
(このドライブについても後で詳しく書きたいな〜♪)
と、ここまではよかったのですが…

晩、入浴も済ませ、爽やかな気持ちで、
「明日からまたがんばるぞぉ〜るんるん」と寝る仕度をし始めた頃、
ふと、立ち膝をしたら、
ズキンどんっ(衝撃)exclamation
右膝に痛みが。
もう一度、膝をつこうとしても、
ズキンどんっ(衝撃)exclamation
もう、痛くて膝がつけませ〜んexclamation×2

しかし、普通に立っているぶんには痛くない。
椅子に座っていても平気。
でも、ちょっと指圧しただけで
ズキンどんっ(衝撃)exclamation
と、鋭い痛み。

…なんだ!?この痛みは…
別に激しくぶつけたりした記憶もないしなぁ。
いや、職場で動き回っている時にぶつけても、忙しくて気にしてなかっただけか?
いや、でもぶつけた痛みとも違うような…。

気付けば、左膝に比べ、右膝が明らかに熱をもっている。

何これーexclamation&question
なんか変な病気だったらどうしよーあせあせ(飛び散る汗)
いやいや、まさか。

とにかく、今日はもう遅いし、明日の朝、また様子をみてみよう。
と布団に入ったのだが、気になって眠れない。

仕事は基本的に立ち仕事。
立ちっぱなしの時もあれば、キビキビと歩き回る時もあり、
重いものを運ぶこともあるし、お客さんが増えて人口密度が高まると、
とっさに避ける動作も多くなる。
明日、普通に働けるか?

眠れないどころか、
黙って横になっているのに痛みが増してきた。

いや、やっぱり変な病気だったりして…
やっぱり、病院行ったほうがいいかも?…

恐くなり、眠れそうにないので、
とりあえず家庭の医学を検索してみることに。


…むむむー、家庭の医学、
日頃使わないような専門的漢字熟語が多くて、
結構、読みづらいですねぇ。

ひととおり、ひざの痛みに関する症状を片っ端から読んでみるも、
これ、あてはまるような、でも、違うような…
これも、あてはまるような、でも、違うような…
そんなのばっかりで、はっきりとこれだ!ってのが見つからず。
とりあえず、私の症状に最も近いかなと思ったのが、これ↓

「Yahoo!ヘルスケア - 家庭の医学」へ

でも、老化って…たらーっ(汗)いや、私まだ若いし、
中年じゃないし、特別太ってもいないんですけどぉー…

結局、よくわからないので
とりあえず、明日の朝、様子を見てみようということで
布団に入りました。


翌朝。
やっぱり、膝がつけませ〜んexclamation×2
しかも、なんだか歩きづらくなったような。
そして、しゃがんだり立ったりがしづらく、
相変わらず熱を持って、やや腫れている。

これ、やばいんじゃないの〜exclamation&question
やっぱ、病院行ったほうがいいんじゃ…
しかし、職場ではまだまだピカピカの新人。
新入りのクセに、朝になって突然、
「膝が痛いので休ませてください」ってのもなんだかなぁ…
しかも、今までは遅番。今日から初めての早番。
全く、状況がつかめない。
まだ、一人前じゃないから、休んでもたいした影響を与えることはないとは思うが…
まぁ、歩けないこともないし、大丈夫っしょ!
とりあえず、出勤してみて、様子を見させてもらおう。
と出勤。


しかし、歩くごとに痛みが増してきて、もう、普通に歩けません。
びっこをひきひき、ロッカールームへ。
制服に着替えるのにもやや手こずり、
職場に向かって歩く間も、どんどん痛みが増してきた。
階段がまた、辛くて、
上るのはまだしも、普通に下りることができませんあせあせ(飛び散る汗)

ちょっと頑張って働いてみて、辛いようだったら、相談して
あがらせてもらうなり何なりしようなどと思っていた私ですが、
売り場に着く頃には、もう、そんな余裕はなくなってました。
出勤するなり事情を話して、帰らせてもらうことに。
意味ねー!!
こんなんなら、初めから休むべきだったたらーっ(汗)
まぁ、これは結果論。
こんなに痛みが増すとは思ってなかったし。

さっき来たばかりの通勤路を戻り、すぐさま整形外科へ。

さて、診断は…


人気blogランキングへ

「膝に水が溜まってますね。」
だそうです。
「抜くほどには溜まってませんがね…」
と言いつつも、医者は膝に針を刺す。
なんだか、黄色っぽい半透明のような、
古い血の色が混ざったような汚ならしい液体が出てきましたよ。


医者によると、ぶつける等、
何か膝に強い衝撃を与えた直後は、血液が溜まることがあるが、
この様に、水が溜まっている場合は、もっと前に、激しい衝撃を受けたか、
それとも、常日頃から、膝に負担がかかるような
ハードな運動をしていることが原因と考えられるそうな。
それで、炎症を起こしているらしい。

「あんた、スポーツ何かやるのかい?」
と医者。
う〜ん、ここ数年、スポーツからは遠ざかってるんだけどなぁ…。
まぁ、前の仕事でも、結構、激しく動き回ってたし、それが原因なのかな…。

膝に負担と言えば、そういえば、
家にいる時、正座してる割合が多いよな…。
PCに向かう時は椅子だけど、その他、何か書類を書いたりする時は座卓。
ご飯を食べる時も座卓。風呂場でも風呂椅子がないから正座。
今思えば、ここんところ、ちょっと長めに正座した後、
痺れとは別に、なんか嫌〜な、痛みのような違和感のようなのがあったような…
気にしてなかったけどね…。

と、このような内容を話すと医者は、
「はっきりとした原因はわからないが、
 膝に負担のかかるような作業は避けてもらわないとね。
 特に、日常生活は徹底的に、
 正座の生活から、椅子の生活に切り替えてください。
 できることなら、仕事も休んで安静がいいね。」
とのこと。
痛み止めの飲み薬と湿布で様子を診ることになりました。

膝に水が溜まっているなどと言われた時にゃ、
私はばーちゃんかいexclamation×2と思いましたが、
20〜40代の女性に多いらしいですよ、この病気。
「二十の娘のひざ痛とよく言うくらいだからね…」
と医者。
って、初めて聞きましたが。


その日は、針を刺して水を抜いたせいか、さらに痛みが増しましたが、
翌日、嘘の様に痛みが軽減。
「これならすぐ治るんじゃないの〜グッド(上向き矢印)
と思いきや、晩にはまた痛みが増し…。
痛みは徐々に軽減するも、
今度は歩行時、屈曲時に、
なんか、外れそうな、ポキッといきそうな、気持ち悪い違和感が…。
おまけに、右膝をかばっていたことで、変に無理な動作をしたのか、
今度は右足首が腫れて痛くなり(ToT)…軽度の捻挫だそうです。
さらに、右脚をかばって生活していたら、
今度は、ギックリ腰の兆しと思われる嫌〜な腰痛が。
そんな訳で、その日は一日、寝込んでおりました。
もう、踏んだり蹴ったりですよバッド(下向き矢印)

まぁ、早めに休んだおかげで、腰は、もうなんともありませんが、
順調に回復してきたと思っていた足首の捻挫が、一昨晩から痛い…

こんな風に、
良くなったと思ったらまた悪くなり、
今度こそ良くなってきたと思ったらまた痛みだし…
一進一退を繰り返し、徐々に回復してきていると思われます。

そんな訳で、しばらく仕事を休ませてもらっています。
職場の皆さん、入って早々、
ご迷惑をおかけしてすみません(ToT)(ToT)(ToT)exclamation×2
一度、大丈夫かなと、出勤してみたんですが、
結局、びっこをひきひき、辛くて、
労働時間1時間にも達さぬうちにあがらせてもらいましたたらーっ(汗)
あ〜、給料がぁ〜〜〜…exclamation×2


安静にしていないといけないので、食料の買出し以外は部屋にこもる日々。
ストレスが溜まりますね。
吐き気がするとか、頭痛がするとかと違って、
脚以外はどこも悪くない、元気なので、外に出られないのが辛い!
なんだか、散歩に連れて行ってもらえない飼い犬のような気分です犬
ううぅー、ドライブしたい…

そうそう、風呂椅子の買出しも一苦労でした。
歩くのも辛いしと、車で出かけましたが、
これがまたバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
アクセル、プレーキを踏むと、思いのほか、膝にくるのよねぇ。
以後、食材の買出しは、普段はあまり使わない、
近所の寂れたスーパーに、ひっこらひっこら歩いていっております。

今は、PCに向かえるだけまだましですが、
腰痛で寝たきりの日は、気が狂いそうでした〜(*o*)ξ
一人暮らしだと余計にねぇ…。
部屋にこもり、話し相手もいないとおかしくなっちゃいそうですな。
電話やメールで外部の人と連絡をとることはできますが、
それは、何か話したいことがあればこそ。
家族なり何なり、一緒に暮らす人がいると、
部屋にこもっていても、常に何気ない会話というのがあるぶん、
まだいいんですけどね。
例えば、
「あ、今何しようと思ってたか忘れたー!!」
「ばっかじゃねーの(笑)?」
とか、そんな具合にね(笑)。
そんな、何気ない、くだらない日常の会話って、
結構重要なのかもと最近思います。
と言いつつ、一人暮らしが結構気に入っていて、だいぶ長いんですけどね。
ちょっと前に読んだ小説の主人公が、一人暮らしを始めて、
「僕は今まで、彼ら(同居人)との何気ないやりとりに、
 どれだけ精神的に救われていたのか、初めて気づいた…」
みたいなことが書かれていたのを思い出しました。
そう、それを思い出しただけなんです。
毎度のごとく脱線してごめんなさいたらーっ(汗)
後で、この小説についても書きたいわ〜…


あ。
結局、この膝の病名って何なんだろう…?
医者は変形性なんたらかんたらって、言ってたっけ?
やっぱり、変形性膝関節症か?
そういえば、滑膜がどうしたとか言ってたもんな。
でも、ここに書かれているほど重症でもないような…
とにかく、早く外に出たい、働きたい!…


はぁーっ…たくさん愚痴らせてもらいました。
いつにも増して長々と書いてしまいましたが、
ここまで読んでくださった優しい方、ありがとうございます。
で、何が言いたかったかというと、
私はまだ若いから大丈夫って思ってる人も気を付けてねるんるん
そして、もし同じような症状を抱えている方がいたら、
回復に向けて一緒に頑張りましょうexclamationってこと。
頑張るって言っても、安静にするしかないんですけどね、はは…

まぁ、20代って言っても、
既に曲がり角を一度、いや、二度?三度?
曲がってるわけですからね。
それなりに体にガタが出てきてもおかしくないのかも。

私も10年程前は、
さー来い!さー来い!声を張り上げながら、
グラウンドで白球を追いかけてたのにな〜…


応援してください、ランキング!ていうか私を…(泣)あせあせ(飛び散る汗)



posted by hootem at 12:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりに寄ってみれば hootem さんの
大ピンチ!
右膝と腰は大丈夫ですか?
まだ痛みますか?
ゆっくりで良いですから身体を労わって
くださいね。

と言う本人も腰痛持ちで、たまに足が
痺れるのです(^^;

運動不足かな♪
Posted by take at 2006年06月27日 17:42
takeさん、
お久しぶりです♪
膝はだいぶ良くなって、なんとか普通に働いてます。ありがとうございます。
仕事に慣れたら自転車通勤しようと思っていたのですが、医者には自転車は避けたほうがいいだろうと言われました。交通費を浮かせようと企んでいたのに、ショックです(ToT)!しょうがないですね…
Posted by hootem at 2006年06月28日 18:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。