2006年09月01日

ミルクロードの旅 2 〜城岱スカイラインを走る〜

さて、城岱スカイライン突入車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)
本当に、突入です。入ったとたん、何もない山道です。

うねうね、うねうね、う〜ねうね、う〜ねう〜ね…しつこいって?
でも、まさに、ぐるんっぐるん、カーブの連続。
上り坂もなかなかきついですよ〜。
もう、ギアをサードにしたり、トップにしたり、サードにしたり、セカンドにしたり、忙しいこと。
ワインディングロードだね〜〜〜。
人の運転で来た時も、ぐるんぐるん、すごかったけど、
自分で運転すると、より激しい道ですな。

交通量も少なくて、非日常感覚に満ちています。
時々、カーブの途中で対向車が猛スピードで突進してきたりして、ビクッどんっ(衝撃)
安全運転でお願いします。

と、ワインディングを満喫していると、前方に古びた感じのトラックが。

…あっという間に追いついてしまいました。
う…か、かなり遅いです。
って、わぉexclamation
よく見ると、が左側から顔を出している!!
車体には「○○畜産」。畜産業者のトラックなのねん。
そうか、お馬さん達を乗せて、スピード出せないもんねぇ。
とりあえず、そのまま着いていくと、
時折、馬達がこちらをじ〜っと…て、照れます!

それにしても遅い、遅すぎる。
ギアをセカンドにしないとガタガタ言っちゃうじゃないかい!
え〜、20km/hrも出てなかったと思います。いや15km/hrも出てなかったかも。
一応、左側に寄ってくれてるんですけどね、
道自体、ほとんど常に見通しが悪いため、越すに越せず。
そのまま、じりじり、じりじり、暫くついていくはめに。
ま、これはこれで、非日常な感じで面白かったですけどね〜。

見通しの良くなったところで馬さん達にさよなら〜車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
再び元のスピードで走行していると…

おぉひらめきここは!
途端に砂利の展望スポット到着。
早速左折で入ります。
人の運転で来た時も、ちらっと寄ってみたんですよね。
私の他、車はたった一台。
こんなのがまた、知る人ぞ知る、
ちょっと秘密めいた空間を感じさせますね〜。
前に来た時も、こんな感じだったな。

では、この秘密めいた空間からの眺望をば↓
06.7.30 城岱ワインディングロード頂上

大野の平野に、函館山に、空と雲と海。
素敵な眺めだぁねぇ〜〜〜ぴかぴか(新しい)
この日は、ちょっと霧っぽかったけど、
それもまたいい感じ。
左側に函館山がうっすらと見えているのがわかるでしょうか。

今度は函館山を中央にパチリ↓…


応援クリックよろしくね♪blogランキング♪
06,7.30 城岱ワインディングロード頂上付近より

写真があまり良くないんですけどねあせあせ(飛び散る汗)
この素晴らしいパノラマを表現するのに、
携帯のカメラと私の腕前ではあまりにも非力すぎます。
しかし、私が景色を眺めている間も、
何台かの車が来たり出ていったりして、ちらっと眺望してる感じでした。
観光客を乗せているっぽいタクシーなんかも来たし、
実は、密かに有名なスポットなのかな?
ガイドブックには載ってなかったけどな〜。

あ、そういえば、この城岱スカイライン、
最近、地元の情報誌にも載ってました
(私が行ったのより後でしたが)。
この辺り一体が城岱牧場となっていて、
交通量が少なければ牛の鳴き声も聞こえるそうな。

ってことは、私が見たのは馬じゃなくて、茶色い牛exclamation&question
いや、まさか馬と牛を見間違えるってことはないよねぇ…


さて、広大なパノラマに深呼吸した後は、
再びワインディングを満喫車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

少し上ると、今度は下りに入ります。
あ〜、下りはアクセル踏ん張らなくていいから
楽だぁね〜るんるん

ぐるんぐるん、下っていくと、
段々坂もカーブも緩やかになっていく。
するりする〜り、気持ちよく下っていく…


人気blogランキングへ
posted by hootem at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。