2006年10月08日

ミルクロードの旅5 〜神無月で出会う〜

さてさて、今日は暑いから冷たいのが食べたいな〜。
というわけで、冷たいそばの中からせいろそばを注文。840円也。


待つ間、店内ショップをうろうろと眺める。
気になる写真集がいっぱい。
どれも気になるのでどれを手にとって見るかさえ迷ってしまう。

しばし迷っていた私の目にとまったのは…
「旅路の風景」(写真・文:野呂希一)

こ、これ見たいexclamation
やっぱり、旅ですよ、旅!!

というわけで、早速ページを開いてみる。
…素敵だ。
いいな〜、これ。
と、パラパラ眺めて閉じると、
お店の奥様が、
「後ろの本棚にも同じ本を置いているので、
 よかったらゆっくり見てみてください。」
と声をかけてくださいました。

さっそくお言葉に甘えて、本棚から同じ本を見つけ、
今度は席についてゆっくり眺める。
…そこには、ため息の出るような素敵な風景の数々ぴかぴか(新しい)
私の出身県の風景も載っている。まるで絵画のようだけど写真。
故郷にこんな素敵な場所があったんだと、感嘆。

そして、こんな一節が記されている。
「市町村合併によって、事実上古い地名が使われなくなるが、
 それでも、その地が存在する限り、
 その地名が消えてしまうことは決してない。」
(↑ちょっと時間が経ってしまったので記憶がややあいまいだが、
 だいたいこんな感じの内容だったはず。すいませんたらーっ(汗)
…ものすごく感銘を受けた。なんか、感動。

私の出身県でも、市町村合併が進み、
私の心の中の第二の故郷である、祖父母が住む町も、
いつの間にやら聞きなれない名前の市になり、
旅して周ったことで、より愛着の湧いた北海道の市町村の数々も、
次々と名前が変わっていく。
そんな事実に寂しさを覚えていたのです、私。…


この本、欲しいーexclamation×2
この本で見た風景を目標に、今度は日本一周なんてのもいいんじゃないexclamation&question
ガイドブックではなく、この本を頼りに旅するみたいなね。
ま、今の私のお財布事情では、この本一冊買うのにも勇気がいるわたらーっ(汗)
…まずは、この本を手に入れることを目標としますか。

それにしても、蕎麦屋でこんな素敵な本に出会えるなんて、
なんだかトキメキ♪


などと思っていると、
いよいよお蕎麦が運ばれてきました〜。


人気blogランキングへ
posted by hootem at 22:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へぇ〜、そんなに素晴しい本があるんですか!
今度探してみようっと!

本から始まる旅路もなかなか良いかも♪
Posted by take at 2006年10月11日 20:16
takeさん、
お久しぶりです。お返事遅くなってすみませんm(__)m。
ぜひぜひ、探してみてください!ガイドブックでも地図でもなく、写真集から始まる旅路も良さそうですよね〜♪
Posted by hootem at 2006年10月15日 21:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。