2006年12月21日

ミルクロードの旅7 〜思わぬ発見〜 

さて、無欲に車窓の風景を楽しむとしますか車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)
というわけで、ミルクロードを抜け道道43号に入り、
余計なことを考えずに、気持ちよ〜く走る。
なぜかホッとする、田舎風景に包まれた道ぴかぴか(新しい)

道道43号も終点に近付くと、急に視界が開け、
真正面に信号機と海。
ここで右折。国道278号に入る。
走っても、走っても、左手に海。

それにしても、田舎だなぁ。
国道って言っても、片側一車線だし、しかも狭いし、
住宅地に入ると、車線なくなったりするし、しかも狭いし狭いし狭いし〜exclamation

店もほとんどないし。
簡易郵便局や、小さな個人商店が時々ぽつ〜んとある程度。
生活、不便だろうな〜。
しかも、こんな海の近くに民家があるなんて。
地震や台風の時、どうなんだろ?

いかにも、漁業の街という感じで、
あちらこちらの民家で、小型の船を立てかけている様子や
魚を干している様子が目につく。

こんな海沿いの田舎道ドライブには、
なぜか、EGO-WRAPPIN'の「かつて..。」がしっくりくるんだなるんるん


などと、ひたすら気ままに思いにふけりながら走っていると、
突然、案内標識発見。右折すると、道道980号だそうだ。
そうそう、南茅部で右折して道道を通って、函館に戻るつもりだったのよね〜。
6月の未知の道ドライブでも通った道路を、今度は逆側から走ってみるぞ〜グッド(上向き矢印)
ということで、右折。

うんうん、のどかな田舎道、懐かすぃ〜るんるんはずだが、
あれ、なんか違うような…?こんな道だったっけ??

途中でやたら道幅狭くなるし、なんかおかしー。
まぁ、でもこんなだったっけ?
としばし進むと、…ん…?
右手に公園を発見exclamation
キャンプ場のように(かなり小規模ですが)、
テントがいくつか張ってあります。

こんなの、絶対なかった。やっぱり、道間違えたかexclamation&question
しかし、目標の道道以外に右折するようなとこあったっけ?
訳がわからなくなってきたので、停車して地図を眺めます。

はは〜ん…、こんなとこにも道道があったか…。
私が間違って入ったのは、道道980号
私が通るつもりだったのは道道83号でした(桁違いじゃん!)。
ちなみにこの公園は大船上の湯公園であることが判明。

その公園ってのは、こんな感じ↓
06.7.30 道道980号沿いA

テントや滑り台もあります↓
06.7.30 道道980号沿い06.7.30 道道980号沿いB

知らない道を全て通りたくなるはずの私が
こんなところに道道があるのを把握してなかったのねぇ〜。

まぁ、地図上で見落とすのも無理はない。
道道980号。
道道と言っても、道道83号に比べると線が細く、
内陸へ進むにつれてより細く、
さらに山を越える辺りではものすごく細く白い線でひょ〜ろひょろ〜。
これは道路を示してるんですか、それとも川ですかってくらいに細い。
おまけに、その細い線のまま、函館の上湯の川付近まで延びている。
…ってことはexclamation
この、地図を見るからに怪しげな道道980号を
どうにか通って、山を越えていけば、帰れるってことじゃん!

勘違いにより偶然見つけた、未知の道、道道980号。
よぉ〜し、せっかくだから、通ってみるかグッド(上向き矢印)
地図には、なんか、「悪路」とか、書かれてるけどね〜車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)


応援クリックありがとね♪blogランキング♪
posted by hootem at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。