2008年01月17日

時代遅れですが…

え〜、久々の投稿です。
このブログを始めた頃とは、生活環境が大きく変わり、
ここ数ヶ月、日々、バタバタと過ごしていますあせあせ(飛び散る汗)

そんな私ですが、最近、mixyなるものを始めてみました。

exclamation

ええ、そうです、私、基本的に何でも遅いです。
新しいものにすぐにとびつかないタイプです。

携帯を持ったのも、周りの友達に比べ2年程遅れ、
カメラ尽きに変えた頃には、もう、
とっくに動画も撮れるものが普及しており
FOMAだなんだと、騒がれていて…
ですが、未だに静止画しか撮れないmovaで頑張っております。

音楽を聴くのは、今でもCDダブルラジカセ。
MD持ってませ〜ん!!
(ちなみにテープレコーダー片側、再生機能のみの方壊れてま〜するんるん

映画を観るときは、今でもビデオ。
DVDプレイヤー持ってませ〜ん!!

というわけで、何もかも時代遅れな私。
友達にmixy誘われるたびに、面倒くさがって
渋ってましたが、
今になって始めてみました〜。

ブログの更新もままならない状況で続くのやら…


今までで最も何が言いたいのやら〜?な記事ですねぇ、
すんませ〜ん。
久々に、投稿してみたかっただけなんです。

また、落ち着いたら、じっくり、
自分の好きなテーマで書いていきたいと思ってますので、
愛想尽かさずに、ときどき覗いてみてやってくださいねんm(__)m。


posted by hootem at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

ミルクロードの旅8 〜恐怖のデジャヴュー〜 

と、いう訳で公園を出発。
不思議な山道の大冒険と、
函館市に抜けた時の爽快感や達成感を想像しつつ
道道980号をしばらく進むと、
目の前にどどんexclamationと現れたのはこんな光景。

06.9.5 道道980号終点H

うっ…

さらに近付いてみると、こんな感じ↓

06.9.5 道道980号終点D

80mmの雨で、このゲートが閉鎖されるのね〜↓
06.9.5 道道980号終点G


え〜っと…、道、急に狭くなりすぎだよーむかっ(怒り)exclamation×2
しかも、「全線砂利道」って……

もちろん、地図を見てこれくらいのことは想像していたはずなのだが…。
実際、こんな舗装道路がぷっつり途切れている光景を目の前にすると、
17日間北海道一人旅のあの時を思い出したりしましてね。

…あれは、そう、富良野を目指して国道274号を走行中。
237号へ左折するつもりが、
一本手前の道道610号に入ってしまったんですな。

1台通るのがぎりぎりのせまい砂利道、右手を見下ろせば川、
一人で樹海に迷い込んでるような心細い、不安な道…

人気blogランキングへ
続きを読む
posted by hootem at 15:13| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

ミルクロードの旅7 〜思わぬ発見〜 

さて、無欲に車窓の風景を楽しむとしますか車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)
というわけで、ミルクロードを抜け道道43号に入り、
余計なことを考えずに、気持ちよ〜く走る。
なぜかホッとする、田舎風景に包まれた道ぴかぴか(新しい)

道道43号も終点に近付くと、急に視界が開け、
真正面に信号機と海。
ここで右折。国道278号に入る。
走っても、走っても、左手に海。

それにしても、田舎だなぁ。
国道って言っても、片側一車線だし、しかも狭いし、
住宅地に入ると、車線なくなったりするし、しかも狭いし狭いし狭いし〜exclamation

店もほとんどないし。
簡易郵便局や、小さな個人商店が時々ぽつ〜んとある程度。
生活、不便だろうな〜。
しかも、こんな海の近くに民家があるなんて。
地震や台風の時、どうなんだろ?

いかにも、漁業の街という感じで、
あちらこちらの民家で、小型の船を立てかけている様子や
魚を干している様子が目につく。

こんな海沿いの田舎道ドライブには、
なぜか、EGO-WRAPPIN'の「かつて..。」がしっくりくるんだなるんるん


などと、ひたすら気ままに思いにふけりながら走っていると、
突然、案内標識発見。右折すると、道道980号だそうだ。
そうそう、南茅部で右折して道道を通って、函館に戻るつもりだったのよね〜。
6月の未知の道ドライブでも通った道路を、今度は逆側から走ってみるぞ〜グッド(上向き矢印)
ということで、右折。

うんうん、のどかな田舎道、懐かすぃ〜るんるんはずだが、
あれ、なんか違うような…?こんな道だったっけ??

途中でやたら道幅狭くなるし、なんかおかしー。
まぁ、でもこんなだったっけ?
としばし進むと、…ん…?
右手に公園を発見exclamation
キャンプ場のように(かなり小規模ですが)、
テントがいくつか張ってあります。

こんなの、絶対なかった。やっぱり、道間違えたかexclamation&question
しかし、目標の道道以外に右折するようなとこあったっけ?
訳がわからなくなってきたので、停車して地図を眺めます。

はは〜ん…、こんなとこにも道道があったか…。
私が間違って入ったのは、道道980号
私が通るつもりだったのは道道83号でした(桁違いじゃん!)。
ちなみにこの公園は大船上の湯公園であることが判明。

その公園ってのは、こんな感じ↓
06.7.30 道道980号沿いA

テントや滑り台もあります↓
06.7.30 道道980号沿い06.7.30 道道980号沿いB

知らない道を全て通りたくなるはずの私が
こんなところに道道があるのを把握してなかったのねぇ〜。

まぁ、地図上で見落とすのも無理はない。
道道980号。
道道と言っても、道道83号に比べると線が細く、
内陸へ進むにつれてより細く、
さらに山を越える辺りではものすごく細く白い線でひょ〜ろひょろ〜。
これは道路を示してるんですか、それとも川ですかってくらいに細い。
おまけに、その細い線のまま、函館の上湯の川付近まで延びている。
…ってことはexclamation
この、地図を見るからに怪しげな道道980号を
どうにか通って、山を越えていけば、帰れるってことじゃん!

勘違いにより偶然見つけた、未知の道、道道980号。
よぉ〜し、せっかくだから、通ってみるかグッド(上向き矢印)
地図には、なんか、「悪路」とか、書かれてるけどね〜車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)


応援クリックありがとね♪blogランキング♪
posted by hootem at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

ミルクロードの旅6 〜その名の通り、ミルクロードの旅〜 

まずはミルクロードに戻りま〜す車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)
そして、鹿部方向を目指します。

ふふっ、いや〜実はミルクロード沿いにも目的地があったんですな。
それは…久保田牧場ミルクパーラーぴかぴか(新しい)
城岱スカイラインやミルクロードについて検索していた時に、
たまたま見つけたこの牧場。
すぐ裏の牛舎にいる乳牛から絞った新鮮なミルク使用の
高級アイスクリームを販売していると言うではありませんか。
新鮮なミルクのアイスクリーム、食べたいわぁ〜るんるん
というわけで向かいます。

さっき、蕎麦とケーキ食べただろって?
はい、食いしん坊なのは家系ですから、残念〜!
衣食住で最も重視しているのは食ですから〜、あはは〜。

場所はとってもわかりやすいです。
道道47号より1本山側のミルクロードを鹿部方向に進むと、
右手にこんな建物が見えてきます↓
06.7.30 久保田牧場C

やはり、家族連れが多いですね〜。
そしてやはり、大人も子供も幸せそうにアイスクリームをペロペロしてますね〜。

私も店内をウロチョロした後、アイスクリームを注文する態勢に。
ジェラートが300円ちょっと、お土産用カップは260円。
う〜ん、ジェラート片手にペロペロしてる人達が幸せそうで真似したくなるけど、
貧乏だし、別にコーンは食べたくないし〜…
と、お土産用カップを店内で食べることに。
家に着くまでに確実に溶けるからねたらーっ(汗)

さぁ、重要なのはフレーバー。
抹茶もいいわ〜、いや、ゴマもいいわ〜。けど、ラムレーズンも気になるわぁ〜…
続きを読む
posted by hootem at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

ミルクロードの旅6 〜神無月にて蕎麦を食す〜

いや〜、また1ヶ月以上も放置してしまったたらーっ(汗)
楽しみにしていて下さった方がいらっしゃたとしたらごめんなさい。
いろいろと激動の日々だったのよ〜あせあせ(飛び散る汗)

と、くだらない前置きはこれ位にして、
さて、蕎麦ですよ、蕎麦!
蕎麦屋に行ったんですから、ここからが一番大事なところですよね。
それなのに、「いよいよお蕎麦が運ばれてきました〜。」の一言を最後に、
1ヶ月以上も放置してしまった私って…たらーっ(汗)

ではでは、お蕎麦が運ばれてきたところでパチリ↓
06.7.30 せいろそば(冷たい)840円

いっただきま〜す♪…

う〜んるんるん
優しい。
優しく素朴な味わいが、口の中いっぱいに広がります。
さすが、自家製粉!手打ち蕎麦!だね〜るんるん

時折、これまた優しく温かな蕎麦湯の温もりにホッとしつつ、
冷たいそばで、リフレッシュしつつ、
なんとも素敵な一人ランチを満喫ぴかぴか(新しい)
もう、私の中には雑念が何もございませ〜ん…

蕎麦を完食し、幸せにボーっと浸っていると、
奥様が、蕎麦湯の急須を手に、
「先程の蕎麦湯よりも濃い目のものをお持ちしましたので、
 よろしければどうぞ。」と。
06.7.30 蕎麦湯

濃い蕎麦湯かぁー、どれどれ…
あらぁー、これもいいわぁ〜ぴかぴか(新しい)

というわけで、濃い方と薄い方、交互に飲み比べてみる。
あ、こっちのほうがいい!
…いや、やっぱりこっちのほうがいい!
…いやいや、やっぱりこっちがいい!
というわけで、どちらも良いのです(笑)exclamation×2
それぞれに味わいがあるといいますかね、甲乙つけがたいのです。
蕎麦湯でこんなに楽しめるとは思わなかったなぁ。

さてさて、実は私、デザートも注文しておりました。
「本日のケーキ」。320円也。
そばアイスクリームや、ぜんざい等もあり、迷ってしまいましたが、
蕎麦粉を使ったケーキと聞き、決めました。
こちらも素朴で優しい味わい。
ほのかなシナモンの香りがまた素敵。
あっさりと、飽きの来ない感じです。
蕎麦屋でこんなお洒落なケーキが食べられるとはねぇ〜、
神無月にて、本日3度目の驚き。


さて、癒されたり、感動したりですっかり長居をしてしまったけど、
そろそろ行かなきゃね。
と言いつつ、店主さんと奥様に話しかけてみる。
私が、例の「FREE」を見てここに来たことをお話しすると、
店主さんはとても驚きのご様子でした。
「「FREE」のお客様はたいてい、
 道南はとばして、もっと北のほうに行ってしまうようなんですよ〜。」

そして、店内に飾られている、なんだか気になる素敵な風景写真は全て、
写真家 野呂希一氏によって撮影されたものだそうです。
そう、前回の記事「ミルクロードの旅5…」で、
私がときめいてしまった写真集「旅路の風景」の作者さんですね。
なるほど〜…

そして私は、ちゃっかり、ブログを書いていることをお話して、
お店のことを記事にする許可をいただいてきたのでした、ぐふっるんるん

お話したのはほんのちょっとの時間でしたが、
店主さんと奥さんの、温かな人柄が感じられました。

素敵な時間をありがとぅー!「神無月」のHPはこちら↓
http://wwwb.ncv.ne.jp/~kanna-10/index.html


さて、一つの目的を遂行した。余は満足じゃ。
ならば、次の目的は…車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)


再び再びよろしくね!blogランキング♪
posted by hootem at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

ミルクロードの旅5 〜神無月で出会う〜

さてさて、今日は暑いから冷たいのが食べたいな〜。
というわけで、冷たいそばの中からせいろそばを注文。840円也。


待つ間、店内ショップをうろうろと眺める。
気になる写真集がいっぱい。
どれも気になるのでどれを手にとって見るかさえ迷ってしまう。

しばし迷っていた私の目にとまったのは…
「旅路の風景」(写真・文:野呂希一)

こ、これ見たいexclamation
やっぱり、旅ですよ、旅!!

というわけで、早速ページを開いてみる。
…素敵だ。
いいな〜、これ。
と、パラパラ眺めて閉じると、
お店の奥様が、
「後ろの本棚にも同じ本を置いているので、
 よかったらゆっくり見てみてください。」
と声をかけてくださいました。

さっそくお言葉に甘えて、本棚から同じ本を見つけ、
今度は席についてゆっくり眺める。
…そこには、ため息の出るような素敵な風景の数々ぴかぴか(新しい)
私の出身県の風景も載っている。まるで絵画のようだけど写真。
故郷にこんな素敵な場所があったんだと、感嘆。

そして、こんな一節が記されている。
「市町村合併によって、事実上古い地名が使われなくなるが、
 それでも、その地が存在する限り、
 その地名が消えてしまうことは決してない。」
(↑ちょっと時間が経ってしまったので記憶がややあいまいだが、
 だいたいこんな感じの内容だったはず。すいませんたらーっ(汗)
…ものすごく感銘を受けた。なんか、感動。

私の出身県でも、市町村合併が進み、
私の心の中の第二の故郷である、祖父母が住む町も、
いつの間にやら聞きなれない名前の市になり、
旅して周ったことで、より愛着の湧いた北海道の市町村の数々も、
次々と名前が変わっていく。
そんな事実に寂しさを覚えていたのです、私。…


この本、欲しいーexclamation×2
この本で見た風景を目標に、今度は日本一周なんてのもいいんじゃないexclamation&question
ガイドブックではなく、この本を頼りに旅するみたいなね。
ま、今の私のお財布事情では、この本一冊買うのにも勇気がいるわたらーっ(汗)
…まずは、この本を手に入れることを目標としますか。

それにしても、蕎麦屋でこんな素敵な本に出会えるなんて、
なんだかトキメキ♪


などと思っていると、
いよいよお蕎麦が運ばれてきました〜。


人気blogランキングへ
posted by hootem at 22:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

ミルクロードの旅4 〜神無月にこんにちは〜

「神無月」に電話をかけ、
現在地「白鳥台(?)PA」からの道順を教えてもらう。
「FREE」と地図を見て、場所はわかったつもりだったんですけどね。
大沼の周りをぐるっと一周したりしてるうちに
方向感覚が多少狂ってしまったんですな。

さて、白鳥台(?)PAからは車で数分で着くとのことだが、
本日は車が入れなくなっているため、
車はどこか公共の駐車場に停めるしかないとのこと。
はは〜ん、きっと大沼湖水祭りのせいね。

駐車料金は痛いけど、ま、しょうがない。
ずっと気になってた場所、行くしかないでしょexclamation
無理して歩いてって、また膝が悪化しても困るしねたらーっ(汗)
というわけで、向かいます車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)


行ってみると実際、お店の前の通りは歩行者天国になっているようで、
車両進入禁止。
大沼公園駅前通り沿いの有料駐車場に駐車。
基本料金1日1回410円也。痛たたた…あせあせ(飛び散る汗)

お祭りというだけあって出店もいっぱい、人もいっぱい。
でも私は蕎麦を食べに来たのよ〜んるんるん
と、周辺から浮いた空気を放ちながら歩いていき、
電話で教えてもらった通りに信号のある交差点を左折すると…

あ、みっけ〜るんるん

すぐにありました、神無月。
06.7.30 神無月外観

カラカラと戸を開けると、
「どうも、ごちそうさま〜」
と、お客さんが何人か、お帰りのところでした。


お店のHPで見た通り、店内は温かでホッとする雰囲気。いい感じ…

06.7.30 神無月店内A

なんだか気になる素敵な風景写真も飾られているねぇ〜。

06.7.30 神無月店内


席に案内してもらい、おしながきに目を通す。
さてさて♪…


応援クリック嬉しいな♪blogランキング♪
posted by hootem at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

ミルクロードの旅3 〜昼下がりの大沼をぐるり。そして…〜

段々と緩やかになっていく山道を下って行き、
麓まで降りていくとホッ。
自分の運転で、あの不思議な山道を無事ぬけた〜。

山を抜けても、視界には相変わらず緑色の割合が多い。
そのまま、気分良く大沼へ向かいます。

途中、「大沼湖水祭り会場↑○○m」の案内看板を発見。

さて、大沼まで辿り着きました。
さぁ、もちろんぐる〜っと一周しなきゃねるんるん
…たいした意味もなく周りをぐるっと一周ドライブするのが
なぜか好きなんです、すんません。

ということで、THE BOOMの「D.E.M.O」にあわせて
湖畔(?)ドライブ開始。
う〜ん、清々すぃーーぴかぴか(新しい)
こちらも緑が多くて気分爽快でございます。

のんびりと自転車を漕いでる人もちらほらと見かけ。
「銚子口」や「鞍掛岩」といった案内表示が気になり。
いつかここらに宿でもとって、ゆっくり巡ってみるのもいいかもね〜。
そういえば、いつかの相部屋の旅人が、
大沼のYHは綺麗だったって言ってたな〜…

などと思いにふけりながら、
二巡、三巡する「D.E.M.O」を聞いていると、
どうやらほぼ一周した模様。

さあさあ、そろそろ今日のドライブの目玉登場じゃないの〜グッド(上向き矢印)

という訳で、PAに停車して電話。
確か「白鳥台PA」だったかな?

その、電話をかけた先というのは…


人気blogランキングへ
続きを読む
posted by hootem at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

ミルクロードの旅 2 〜城岱スカイラインを走る〜

さて、城岱スカイライン突入車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)
本当に、突入です。入ったとたん、何もない山道です。

うねうね、うねうね、う〜ねうね、う〜ねう〜ね…しつこいって?
でも、まさに、ぐるんっぐるん、カーブの連続。
上り坂もなかなかきついですよ〜。
もう、ギアをサードにしたり、トップにしたり、サードにしたり、セカンドにしたり、忙しいこと。
ワインディングロードだね〜〜〜。
人の運転で来た時も、ぐるんぐるん、すごかったけど、
自分で運転すると、より激しい道ですな。

交通量も少なくて、非日常感覚に満ちています。
時々、カーブの途中で対向車が猛スピードで突進してきたりして、ビクッどんっ(衝撃)
安全運転でお願いします。

と、ワインディングを満喫していると、前方に古びた感じのトラックが。

…あっという間に追いついてしまいました。
う…か、かなり遅いです。
って、わぉexclamation
よく見ると、が左側から顔を出している!!
車体には「○○畜産」。畜産業者のトラックなのねん。
そうか、お馬さん達を乗せて、スピード出せないもんねぇ。
とりあえず、そのまま着いていくと、
時折、馬達がこちらをじ〜っと…て、照れます!

それにしても遅い、遅すぎる。
ギアをセカンドにしないとガタガタ言っちゃうじゃないかい!
え〜、20km/hrも出てなかったと思います。いや15km/hrも出てなかったかも。
一応、左側に寄ってくれてるんですけどね、
道自体、ほとんど常に見通しが悪いため、越すに越せず。
そのまま、じりじり、じりじり、暫くついていくはめに。
ま、これはこれで、非日常な感じで面白かったですけどね〜。

見通しの良くなったところで馬さん達にさよなら〜車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
再び元のスピードで走行していると…

おぉひらめきここは!
途端に砂利の展望スポット到着。
早速左折で入ります。
人の運転で来た時も、ちらっと寄ってみたんですよね。
私の他、車はたった一台。
こんなのがまた、知る人ぞ知る、
ちょっと秘密めいた空間を感じさせますね〜。
前に来た時も、こんな感じだったな。

では、この秘密めいた空間からの眺望をば↓
06.7.30 城岱ワインディングロード頂上

大野の平野に、函館山に、空と雲と海。
素敵な眺めだぁねぇ〜〜〜ぴかぴか(新しい)
この日は、ちょっと霧っぽかったけど、
それもまたいい感じ。
左側に函館山がうっすらと見えているのがわかるでしょうか。

今度は函館山を中央にパチリ↓…


応援クリックよろしくね♪blogランキング♪
続きを読む
posted by hootem at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

ミルクロードの旅 〜序〜

6月13日の記事で触れた、七飯のミルクロード。
7月30日。ついにドライブしてきました。

という、二文を書いたのみで一ヶ月も放置してしまったたらーっ(汗)
なかなか書く時間がとれなかったのよぉ〜あせあせ(飛び散る汗)

仕事の日は、帰宅すると疲れきって
夕食の後シャワーを浴びて就寝。
または夕食&洗濯&就寝。
今の仕事、ものすごく汗かくから、
洗濯物が多いのよねぇ…

休日は、出勤日とほぼ同じか、それよりも早く起床。
そして、ひざのための通院やら何やらつまらない用事を
朝のうちにちゃっちゃと済ませ、ドラ〜イブるんるん
短い夏をめいっぱい味わわなきゃね!というわけで。
夏生まれの私、四季の中で夏が最も好きなんです。

それに、今後、どんどんガソリン代も高くなりそうだし、
家でゴロゴロするのなんて、冬にいくらでもできるからね〜。

そんな訳で、休日はほとんど家にいることがなく、
仕事の日は、運転疲れがどこか抜けきらないまま
激しい肉体労働。
疲れてしまって、書く時間がつくれなかったのでした。

家にいたとしても、高校野球観たりとかね。
夏を満喫したい私としては、これも大切なことなのです。

…相変わらず、余談が長いなたらーっ(汗)


さぁさ、気を取り直して、ミルクロードの旅!

以前、人の運転では通ったことがあったんですよね。
あの時は、いつの間にやら函館新道を降りて、
いつの間にやら不思議な山道に入り、山を抜けていくと
ゆるやかな道路沿いに「ミルクロード」なる看板が車窓をかすめ、
そのまま鹿部の海沿いに出て、そのまま海沿いをず〜っと進み、
函館に戻ってきたという…

あの不思議な山道は、一体何?そして、何処exclamation&question
「ミルクロード」というキーワードのみを頼りに調べてみると…

それは、函館新道を七飯本町ICで降り、七飯岳方向に向かうと
すぐに現れる、「城岱スカイライン」であることがわかりました。
七飯本町ICからこのスカイラインを経由し、
七飯スキー場のふもとに抜けるまでの道を「ミルクロード」と呼ぶそうな。

なるほど、七飯本町ICで降りたのね〜♪
人の運転だと、話に夢中になったりして、
道をちゃんと覚えてないものですよね。

と、不思議な山道の正体が分かった時から、
私の中で「自分の運転で通りたい熱」がどんどん高まっていきました。
熱が発生してから約2ヶ月、7月30日正午。
ついに出発車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

函館市街地を出ると、まずは函館新道を突っ走る〜ダッシュ(走り出すさま)
うん、この道路、気持ちいいね〜。スピード狂じゃないけど。
無料で高速で、歩行者や自転車を気にすることなく走れるし、
なんたって、眺めがいいのよねぇ。
眼下に広がる田園風景。緑色が目に心地良いぴかぴか(新しい)
(夜のドライブもいいですよ♪)
北海道17日間の旅の始まりを思い出すねぇ…
あの時は、教習以外で始めての高速運転にびびってたっけ。

さて、ぐんぐん飛ばすとあっという間に七飯本町ICへ。
降ります。


お、おぉ、ここだ、うん。見覚えあるわ。
降りてすぐに右折。
前方は山に入っていく気配を既に漂わせている。
おぉ、まさしくここよ、あの不思議な山道の始まりは!
というわけで、迷うことなくまっしぐら、
城岱スカイライン突入車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)


お久しぶり♪再びよろしくです、ブログランキングm(__)m。
posted by hootem at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

「未知の道ドライブ」

10日、「膝が痛い…!!…」の記事でちょこっと触れた「未知の道ドライブ」。
今日はその内容を詳しく書こうと思います。
あ。
2004年に、函館市、戸井町、恵山町、椴法華村、南茅部町が合併し、
新函館市が誕生したわけですが、
この記事では、ほぼ旧町村名で表記させていただきます。
(だって、私の地図が古いんだも〜んるんるん


とにかく私、通ったことのない道って、気になるんです。
時々、地図を眺めて、
この道、まだ通ったことがない、
この道もまだ通ったことがない…などと考えると、
いてもたってもいられないくらいに
ドライブしたい欲求が高まることがあります。
ちょっとおかしいかもしれませんが。

昨年の北海道一人旅で、
北海道のいろんな道路を通ってきた私ですが、
ふと、函館周辺の道路地図を眺めると、
身近に、まだまだ通ったことのない道が多いことに気付きます。
中でも、特に気になるのが
道道83号…函館から山を越え南茅部は川汲に抜ける道。
そして、道道41号…函館と恵山を内陸で結ぶ道。

函館、恵山間は、海沿いルートでは何度か往復したことがありますし、
函館新道七飯本町IC→ミルクロード→道道43号→鹿部町宮浜から国道278号ルートで南茅部→恵山→戸井→函館 
というドライブならしたことがあるのですが…。

地図を見ると、
道道83号は「全面舗装」、道道41号は「全面舗装 交通量少ない」…
交通量少ないですって〜exclamation&question
なんか、余計に気になってきた!

その時、私の頭の中に浮かんでいたのは、
ひっそりと静かな、
途中で出口があるのか疑いたくなるほど何もない山道。
そんな山道を走っている時の、非日常を感じる雰囲気が、
なんともいえず不思議で好きなんだよなぁ…。
なんか、誰も知らないところに一人、迷い込んじゃった、みたいなね。


というわけで、貴重な休日の午後、「未知の道ドライブ」出発車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)
83号と41号、どちらを行きのルート、どちらを帰りのルートにするかは、
分岐点に到達した時の気分で決めることにしました。


旭岡町を抜けたあたりから、
建物がぐ〜んとなくなり、少しずつ山に入っていく実感が。
ずんずん進み、分岐点に到達し、
83号を行きのルートにすることにしました。


で、どうだったかというと…


さて、ランキングは!?…
続きを読む
posted by hootem at 11:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

ふと、立ち止まってみると…

先日、たまたま通りがかった
競馬場前の花壇。

06.6.2 競馬場前の花壇A

これまでも、この時期に何度か通っているはずですが、
こんなところにこんな美しい花々が咲いているなんて…ぴかぴか(新しい)

ちょっと、去年見た、東藻琴の芝桜公園を思い出すなぁ…
(それとこれとは、レベルが違うけどね(^^;))
17日間の北海道一人旅をしていたのはもう、一年前のこと。
早いわ…

そういえば、しおんさんから最初のトラックバックをいただいたのも、
芝桜公園に関する記事だったっけ。それも半年前か…
早いわ…

いや〜、こうしてみると、
旅の回想録書くのに、随分時間かかってるなぁー…
一年って、ほんと早いわ…

え〜と、二重に脱線しました。
なんだか話が逸れやすい今日この頃。
ものすごくひとりごとチックな記事になってしまった。

あっという間に、駆け抜けた(←?)一年の想ひ出に
しばし浸らせてください…


去年の今頃は、一年後に膝を患って部屋にこもることになるだなんて、
予想もしてなかったな(^^;)>"、あは…


blogランキング、応援ありがとねm(__)m。

posted by hootem at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

膝が痛い…!!変形性膝関節症…?

突然ですが、ここ10日間ほど、
普通の生活ができていませんexclamation

…というのは、膝を悪くしましてたらーっ(汗)


先月下旬頃、新しい職場で働き始めた私。
10日ほど前、初の公休日。
久々の忙しさに溜まっていた用事を済ませた後、
天気もいいし、明日からまた仕事だし、貴重な休日を楽しまなきゃとドライブへ。
題して、「未知の道ドライブ」♪
身近にありながらまだ通ったことのない道道83号、41号がメイン。
わずか2〜3時間のドライブでしたが、存分に楽しみ、リフレッシュしましたぴかぴか(新しい)
(このドライブについても後で詳しく書きたいな〜♪)
と、ここまではよかったのですが…

晩、入浴も済ませ、爽やかな気持ちで、
「明日からまたがんばるぞぉ〜るんるん」と寝る仕度をし始めた頃、
ふと、立ち膝をしたら、
ズキンどんっ(衝撃)exclamation
右膝に痛みが。
もう一度、膝をつこうとしても、
ズキンどんっ(衝撃)exclamation
もう、痛くて膝がつけませ〜んexclamation×2

しかし、普通に立っているぶんには痛くない。
椅子に座っていても平気。
でも、ちょっと指圧しただけで
ズキンどんっ(衝撃)exclamation
と、鋭い痛み。

…なんだ!?この痛みは…
別に激しくぶつけたりした記憶もないしなぁ。
いや、職場で動き回っている時にぶつけても、忙しくて気にしてなかっただけか?
いや、でもぶつけた痛みとも違うような…。

気付けば、左膝に比べ、右膝が明らかに熱をもっている。

何これーexclamation&question
なんか変な病気だったらどうしよーあせあせ(飛び散る汗)
いやいや、まさか。

とにかく、今日はもう遅いし、明日の朝、また様子をみてみよう。
と布団に入ったのだが、気になって眠れない。

仕事は基本的に立ち仕事。
立ちっぱなしの時もあれば、キビキビと歩き回る時もあり、
重いものを運ぶこともあるし、お客さんが増えて人口密度が高まると、
とっさに避ける動作も多くなる。
明日、普通に働けるか?

眠れないどころか、
黙って横になっているのに痛みが増してきた。

いや、やっぱり変な病気だったりして…
やっぱり、病院行ったほうがいいかも?…

恐くなり、眠れそうにないので、
とりあえず家庭の医学を検索してみることに。


…むむむー、家庭の医学、
日頃使わないような専門的漢字熟語が多くて、
結構、読みづらいですねぇ。

ひととおり、ひざの痛みに関する症状を片っ端から読んでみるも、
これ、あてはまるような、でも、違うような…
これも、あてはまるような、でも、違うような…
そんなのばっかりで、はっきりとこれだ!ってのが見つからず。
とりあえず、私の症状に最も近いかなと思ったのが、これ↓

「Yahoo!ヘルスケア - 家庭の医学」へ

でも、老化って…たらーっ(汗)いや、私まだ若いし、
中年じゃないし、特別太ってもいないんですけどぉー…

結局、よくわからないので
とりあえず、明日の朝、様子を見てみようということで
布団に入りました。


翌朝。
やっぱり、膝がつけませ〜んexclamation×2
しかも、なんだか歩きづらくなったような。
そして、しゃがんだり立ったりがしづらく、
相変わらず熱を持って、やや腫れている。

これ、やばいんじゃないの〜exclamation&question
やっぱ、病院行ったほうがいいんじゃ…
しかし、職場ではまだまだピカピカの新人。
新入りのクセに、朝になって突然、
「膝が痛いので休ませてください」ってのもなんだかなぁ…
しかも、今までは遅番。今日から初めての早番。
全く、状況がつかめない。
まだ、一人前じゃないから、休んでもたいした影響を与えることはないとは思うが…
まぁ、歩けないこともないし、大丈夫っしょ!
とりあえず、出勤してみて、様子を見させてもらおう。
と出勤。


しかし、歩くごとに痛みが増してきて、もう、普通に歩けません。
びっこをひきひき、ロッカールームへ。
制服に着替えるのにもやや手こずり、
職場に向かって歩く間も、どんどん痛みが増してきた。
階段がまた、辛くて、
上るのはまだしも、普通に下りることができませんあせあせ(飛び散る汗)

ちょっと頑張って働いてみて、辛いようだったら、相談して
あがらせてもらうなり何なりしようなどと思っていた私ですが、
売り場に着く頃には、もう、そんな余裕はなくなってました。
出勤するなり事情を話して、帰らせてもらうことに。
意味ねー!!
こんなんなら、初めから休むべきだったたらーっ(汗)
まぁ、これは結果論。
こんなに痛みが増すとは思ってなかったし。

さっき来たばかりの通勤路を戻り、すぐさま整形外科へ。

さて、診断は…


人気blogランキングへ

続きを読む
posted by hootem at 12:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

新 五稜郭タワーA

展望2階に着き、
エレベーターの外に出た瞬間、
心の中で歓声を上げてしまいました!

いや、旧タワーに上った時も、
同じように歓声を上げたのですが、

グレードが違います!
旧タワーよりも、かんな〜りexclamation×2展望が開けてます!!
さすが、高さ2倍。

だって、五稜郭の星型の全景が見れちゃうんだも〜んるんるん

06.5.15 五稜郭公園D(新五稜郭タワーより)

私の携帯カメラでは、
星型全体を一度におさめられなかったのが残念バッド(下向き矢印)

五稜郭の星型全体どころか、
函館が全部見えると言っても
過言ではないのではないのでしょうか、新タワー。
いや、戸井とか揃山地区まではどうかわかりませんが、
とにかく、合併前の旧函館市は全部見えてると思います。
山から海まで、ぜ〜んぶ!…

もちろん、函館山も見えましたよ〜↓
続きを読む
posted by hootem at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新 五稜郭タワー

15日(月)。
みちのくの母よりメールが。
「五稜郭の桜が満開の様子。
 今テレビに映ってたよー…」
おぉ!そういえば!

「金曜に行ったけど、まだ
 満開じゃなかった。
 行かにゃぁまい(行かねばならない)!」
と、なぜか津軽弁混じりで返信し、
急いで仕度をして出かける私車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)
(後で、「行かにゃぁまい」の意味がわからなかったと母に言われた…
 自分もなまってるくせにぃ〜exclamation

そう、12日(金)に見に行った時は、
まだ5〜7分咲き位だったかな?
ちょっと緑色の部分もあって、
満足な景色ではなかったのです。
なので、「満開の時、また見に来て、
そしてその時は新五稜郭タワーにも
上ってやろう、くくく…」
と思っていたのでした。

3月に、親友と二人で旧タワーに上ったので、
今度は、新タワーから旧タワーを見下ろしてみたいな〜
などと思っていたのですが、
土日、弘前に行き、戻って来たら
ちょっと忘れかけてました。
思い出させてくれた母に感謝。


さて、到着すると早速、
ワクワク、ウキウキしながら園内を歩き出したのですが…
続きを読む
posted by hootem at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

弘前にて(余談)

〜弘前公園より岩木山を望む〜
06.5.14 弘前公園より岩木山を望む

改めて眺めてみると、
ほんっとに末広がりな山ですよねぇ〜、
縁起良いね。

弘前に住んでいた頃は、
岩木山をまじまじと眺めることなど滅多になく、
それほど愛着もなかったのに、
何故か非常に懐かしく感じたのでした。
弘前に向かう車窓から岩木山が見えただけで
ものすごく嬉しかったぁー…

そいういえば、家族が弘前に遊びに来て、
一緒に紅葉を見に来たときも、
こんなふうにくっきりと岩木山が見えたっけな〜…続きを読む
posted by hootem at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弘前公園の桜

13日(土)、ちょっと弘前に用事があり、
一泊してまいりました。
そして、14日(日)、函館に戻ってくる前に、
大学時代の先輩と、弘前公園に行ってみました〜るんるん

桜の開花が遅いと言われる今年ですが、
さすがに、散ってましたバッド(下向き矢印)

でもでも…exclamation×2
まだ、咲いてたんですexclamation枝垂桜がぴかぴか(新しい)

06.5.14 枝垂桜(弘前公園にて)

そこここに揺れる枝垂桜の細い枝…。
美すぃ〜〜ぴかぴか(新しい)可憐だぁね。
写真はうまく撮れなかったけど。

枝垂桜って、独特の風情が感じられて、
優しい感じがして、
好きな桜です。
まぁ、他に種類ほとんど知らないけど。
ソメイヨシノと八重桜位しか聞いたことないや、あは…

先輩と二人で記念撮影がしたくて、
地元民っぽい無口な感じの人に
シャッターを押してもらったんですが、
その人も、
「この枝垂桜、すごいね…」
と、しげしげと眺めていました。

いやぁ〜、満開の頃、来てみたいなー(>_<)!!
私、弘前に何年か住んでいたのですが、
桜満開の時期に弘前公園に行ったことないんですバッド(下向き矢印)
普通、住んでたら行きいますよね〜…
何故か、桜の時期に限っていつも忙しくてヘロヘロになってて、
行けなかったんですよねぇたらーっ(汗)

そうそう、この日は弘前公園の無料開放日でした。
第二日曜日が無料開放日のようです。
ラッキ〜るんるん
って、弘前公園って普段、有料だったのか…
そういえば、私が住んでいた頃に
有料化がどうのこうのと、議論を交わされていたような…



posted by hootem at 22:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

五稜郭タワー親子と桜

五稜郭タワーが二棟、
仲良く並んで立っているのを見ることができるのは、
おそらく、今だけでしょうね。
既に、旧タワーの取り壊し工事が始まっています。
というわけで、
新・旧五稜郭タワーと桜。

06.5.12 新・旧五稜郭タワーと桜

う〜ん、旧タワーの頭が
ちょっと隠れちゃいましたねぇ〜…


園内をブラブラ散策して、もう一枚。続きを読む
posted by hootem at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五稜郭公園の桜A

うっすらピンクの美しい花々。
接写してみると…

こんな感じ↓
06.5.12 五稜郭公園F


もう一つ、こ〜んな感じ↓続きを読む
posted by hootem at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五稜郭公園の桜

06.5.12 五稜郭公園

五稜郭公園に花見に行ってきました。
函館で暮らし始めてから3年目。
1年目は仕事が忙しくて行けず、
そして、2年目は桜満開の時期にギックリ腰になり行けず…たらーっ(汗)
やっと、やっと行きました〜ぴかぴか(新しい)

平日だから空いてるかな?
いや、金曜の午後だから
ボチボチ混み始めるかも…
などと思いながら行ってみると、
いや〜、予想以上に人がいました。
アジア系(かな?)外国人観光客も多かったなぁ…
公園に着いたのは16時半頃でしたが、
既に陣取ってジンギスカンを始めている人もチラホラ。


それにしても、桜、素晴らすぃーexclamation×2
函館3年目にしてようやく見れたこともあり、
感激もひとしおです。
まだ、満開とまではいかず、
ちょっと青い葉も見えたりしましたが、
園内を歩けど歩けど、一面桜ぴかぴか(新しい)
あの桜の木の多さには圧倒されました。

お堀と桜の木のコントラスト(?)がまた、
いいですね〜♪
posted by hootem at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。